看護師の娘よ、笑わないでくれ!!

今月の3日、つまり1月3日のまだ三が日中の出来事なのですが、寝室の中で布団に滑って窓のサッシに後頭部を強く当ててしまいました。痛みは大したことなかったのですが出血量が多く3時間ほど経っても収まらないので、場所も場所なので最寄りの病院にお世話になりました。

とは言ってもまだ日本の病院はほとんど祝日営業中。私の行った病院も救急診療扱いになり、常任の先生がいらっしゃるわけではありませんでした。受付けを済ませ、タオルで頭を押さえながら待っていると10分ほどで名前を呼ばれたので、中に入りました。

先生は少し私の頭の傷を見て、「あっ!これダメですねバックリいってます!今からホチキスで縫いますから!いいですね!」と言ったのでびっくり。
ホチキス?ホチキスって何?あの文房具でつかうやつ?え?あれで止めるの?と一瞬で頭の中がグルグルしましたが、今は医療用ホチキスという傷を止める器具があるそうで・・・。でも、手術かぁ。時間結構かかるのかな?と思っていたら、先生から思いもよらぬ一言。

「麻酔とかって、いる?」

「いや、いるでしょう!傷、4cmくらいあるんですよ!死んじゃうでしょう麻酔無かったら!拷問じゃないんだからさ!」と叫びたくなる気持ちを抑え、「い、いります・・・」と答えたのですが、先生曰く場所的に縫うのも麻酔の注射も痛みは同じくらいらしいのです。
そうかなるほど、後頭部って皮膚薄いですものね・・・。同じ痛みを2回味わう必要もないので、恐れつつも麻酔無しを選択。

簡易ベッドに通され、横向けになります。看護婦さんが2人ほど私が暴れないように押さえてくださいました。勿論意識はあります。というか、恐怖で目も意識もランランです。「では、いきますよ!3針いきますからね」と言われた瞬間、耳のすぐ後ろでバチン!!と大きな音が。
息を飲んだのもつかの間、そのままバチン!バチン!おまけにバチン!いやいや3針って言ったじゃん!

人間というのは不思議なもので、恐怖が一定以上上回ると、痛みをあまり感じないものなのですね。「後頭部をホチキスで麻酔無しで縫う」だなんて痛くて気を失うような体験かと思いましたが、予想よりずっと楽でした。もちろん痛くはありましたが、紙で指を強めに切った程度の痛みしか記憶にありません。

あとで岐阜で看護師をしている娘にこのことを話すと、大笑いされました。いや、医者や看護師なら何てことない話なんだろうけど、一般人が頭にホッチキスとか麻酔なしでとか言われたら普通ビビるでしょ・・・。ちなみにうちの娘、岐阜に嫁いで今はこちらのサイトを参考にパートで看護師をしています
看護師求人岐阜|条件のよいパートの探し方【※私の転職体験談】
娘にはもう少し患者に優しい看護師であってほしいと思います。

今年の残りは良いことがありますように・・・。