英語が堪能な素敵な薬剤師さんを見習いたい

昨年の10月ごろに、インフルエンザの予防接種を受けるために病院へ行きました。
予防接種の前には血圧を測ったり、とっても短い時間の医師の診察があった後に予防接種をしてもらいました。

その病院はオートメーション化というのか、最初に手続きをしてからはどのタイミングでも名前を呼ばれて、その都度返事をしながら中に入って処置してもらっていました。
病院は数年前に改築されてとってもきれいな建物になっており、内部の設備も素人目でも最新のものなのだろうと感じるものばかりでした。
それで、完全に自動化されているのだなと感心していました。
私のなかでは「次は~番の窓口に行って~してください」と、次にする行動を指示されて順番に進んでいくスタイルが普通だったので、大したもんだ何もせずに、手にもっているクリアファイルも呼ばれた後で渡すだけで、勝手に各ステージをクリアできるんだと思っていました。

最後の処置が終わって、あとは清算するだけのところまできました。
個人医院ではなく、ちょっと大きめの病院だったので時間がかかってしまうのではないかと心配していたのですが、この調子では案外早く終われそうだ良かったなと思いながら、病院を出た後のことを考えたりして呼ばれるのを待っていました。
ところが、いくら時間が経っても呼ばれません。
そして、結構な時間が経ち、後から来た人が先に支払いを済ましています。
あれ?インフルエンザの予防接種なんて特別に清算に時間のかかるものでもないだろうに、なんで私だけ時間かかってるの?という疑問を抱きながら、ソファーに座っていました。
それでも、全然呼ばれる雰囲気がありません。
もうイライラしています。
それで何気なく手に持っている書類を見ると、清算のカウンターの番号が表示されて、このファイルを提出するように書かれていました。
はあ?ここにきて?これまで何もしなくても呼ばれるまで待つスタイルだったのに、最後だけ呼ばれる前にカウンターに提出って?びっくりです。
でも、確かに記載されています。
読んでなかったのは自分ですし。何だか納得のいかない感じですが、急いでカウンターに書類を持って行って、最後だけは先にファイルを提出するんですね?ってカウンターの女性に言ってみると、回答は「ハイそうです。」と普通です。
思っていた時間よりも経ってしまいました。
お隣の院外薬局には、英語が堪能な薬剤師さんがいらっしゃるのですが、その方は外国人だけでなく、同じ日本人の患者さんにも自らお声掛けをし、キビキビと動いている姿が印象的です。
⇒⇒⇒薬剤師求人英語.com

大人なんだから渡された書類はしっかりと目を通しましょうという話ですけどね。
病院の方にも、この薬剤師さんの姿を見習ってもらいたいものです。

40代では遅すぎる!!30代におすすめの婚活サイトとは?

結婚と離婚を繰り返してしまう男の習性とは何だと思いますか?

私の友人(正確には先輩)に58歳の3バツ4婚の男がおります。
この男の一貫した「これがそもそもの原因だろう」と、いう習性というか特性があります。
おそらく、これを直さない限り彼はこれを一生繰り返していくのです
その習性とは以下の点になります。
1、時間にルーズ
この男が待ち合わせのすべてのシーンで遅刻をする。
たとえ、それが彼の家の目の前であったとしても10分は遅れてくるのは当たり前
遅れてきても、絶対に反省をすることはなく開き直っていることが大半である。

2、金に異様な執着がある
彼の2回目の結婚式で出し物をやった私が挨拶に控室に行った時の話、早速ご祝儀を袋から出してお金の勘定をしているのだが、式場鵜への支払いもあると思い、そのままドアを閉めて引き下がったところ、なかなか皆が待っている二次会の会場に顔を見せないので、再度控室に行ってみたところ、お金の配分をどっちがいくら持っていくかでけんかをしていた。男が多くとるべきだと端数の10,000円で言い争いをしているのだ。

3、表裏がある
ある女性の前で繰り出す顔と奥さんの前で出す顔がまるで違う別人のようになる。
しかも、言っていることが真逆だったり、ひどいときは全くのうそをさも本当のことのように言い放つのである。
横で聞いているほうがあきれてものが言えない時がある。

4、発言に責任感がない
発言に責任感がないので、基本何を言ってもその後覚えていもしなく、且つ全くのうそだったところで罪悪感もあいので、治らないどころか反省もしないのである。
発言も58歳になるお所としては本当に軽いので、社会的に信用がされないことが多い。

5、異常なマザコン
男である以上、ある程度のマザコンはしょうがないところで、親孝行とマザコンの境目も実際のところどこなのか、はっきりわからない部分もあるくらいだが、この男の場合は奥さんが母親のせいで家を出て行っても奥さんのことを猛烈にバッシングするだけで、母親のことがかわいくてしょうがないという感じである。

この男の三回の離婚は上記のすべての複合的な原因がきっかけとなっています。
また4人目の結婚の相手もすでに3年目を迎えた現在別居して半年がたつが、いまだ反省も振り返りもしないという現状では、一生この流れを止めることはできないだろうと思います。
そして40代になってしまったら、もう手遅れです。正直30代の内に結婚しておかないと誰も相手にしてくれないし、矯正も難しいよ思います。
30代におすすめの婚活サイトはココで探してください。婚活サイト おすすめ 30代

看護師の娘よ、笑わないでくれ!!

今月の3日、つまり1月3日のまだ三が日中の出来事なのですが、寝室の中で布団に滑って窓のサッシに後頭部を強く当ててしまいました。痛みは大したことなかったのですが出血量が多く3時間ほど経っても収まらないので、場所も場所なので最寄りの病院にお世話になりました。

とは言ってもまだ日本の病院はほとんど祝日営業中。私の行った病院も救急診療扱いになり、常任の先生がいらっしゃるわけではありませんでした。受付けを済ませ、タオルで頭を押さえながら待っていると10分ほどで名前を呼ばれたので、中に入りました。

先生は少し私の頭の傷を見て、「あっ!これダメですねバックリいってます!今からホチキスで縫いますから!いいですね!」と言ったのでびっくり。
ホチキス?ホチキスって何?あの文房具でつかうやつ?え?あれで止めるの?と一瞬で頭の中がグルグルしましたが、今は医療用ホチキスという傷を止める器具があるそうで・・・。でも、手術かぁ。時間結構かかるのかな?と思っていたら、先生から思いもよらぬ一言。

「麻酔とかって、いる?」

「いや、いるでしょう!傷、4cmくらいあるんですよ!死んじゃうでしょう麻酔無かったら!拷問じゃないんだからさ!」と叫びたくなる気持ちを抑え、「い、いります・・・」と答えたのですが、先生曰く場所的に縫うのも麻酔の注射も痛みは同じくらいらしいのです。
そうかなるほど、後頭部って皮膚薄いですものね・・・。同じ痛みを2回味わう必要もないので、恐れつつも麻酔無しを選択。

簡易ベッドに通され、横向けになります。看護婦さんが2人ほど私が暴れないように押さえてくださいました。勿論意識はあります。というか、恐怖で目も意識もランランです。「では、いきますよ!3針いきますからね」と言われた瞬間、耳のすぐ後ろでバチン!!と大きな音が。
息を飲んだのもつかの間、そのままバチン!バチン!おまけにバチン!いやいや3針って言ったじゃん!

人間というのは不思議なもので、恐怖が一定以上上回ると、痛みをあまり感じないものなのですね。「後頭部をホチキスで麻酔無しで縫う」だなんて痛くて気を失うような体験かと思いましたが、予想よりずっと楽でした。もちろん痛くはありましたが、紙で指を強めに切った程度の痛みしか記憶にありません。

あとで岐阜で看護師をしている娘にこのことを話すと、大笑いされました。いや、医者や看護師なら何てことない話なんだろうけど、一般人が頭にホッチキスとか麻酔なしでとか言われたら普通ビビるでしょ・・・。ちなみにうちの娘、岐阜に嫁いで今はこちらのサイトを参考にパートで看護師をしています
看護師求人岐阜|条件のよいパートの探し方【※私の転職体験談】
娘にはもう少し患者に優しい看護師であってほしいと思います。

今年の残りは良いことがありますように・・・。

調剤薬局は薬剤師と気楽に話せる楽しいところ

調剤薬局で働いて驚いたことは、元気な方が多いこと。認知症の方もいますが集団に適応できるレベルです。入浴、排せつ、食事のサービス提供はしますが、調剤薬局の楽しみは、行事とリハビリです。一般的な介護施設をイメージしている方が多い中、調剤薬局は笑いがあったり、患者同士仲良くなってメールの交換やデイ以外の日にお互いで遊びにいったりと、人との付き合いがなかなかできにくくなった方たちが、調剤薬局という場所で、それぞれの楽しみを見つけて人と接する場なんだということがわかりました。

また、リハビリもできるのがいい点で、痛みや体の衰えに専門の薬剤師が対応してくれることもいいと思いました。働いている薬剤師は、行事があるたびに慌ただしいですが、患者と一緒に楽しめるの調剤薬局の薬剤師で働く醍醐味です。

自分たちが楽しいと患者も楽しいのは間違いなかったです。外出レクでは、毎回車の座席決めや一緒の車がよかったなど、日ごろの患者の仲良しグループを意識して決めたりといろんな大変さはありますが、患者はみなさんお元気です。

入所する施設との違いを大きく感じます。いくつになっても刺激は必要なんだと調剤薬局で働くようになって思いました。また、女性の患者は、男性のリハビリの先生が大好きです。痛みを和らげてくれたり、直に体に接して話を聞くというところがそうさせるのかもしれませんが、いくつになっても女性は女性で、男性のリハビリの先生を、「私は○○先生派」など、ちょっとしたファンができます。

それも生きがいの一つなのかなと感じることもありました。だからこそ、薬剤師が辞めてしまったり、なかなか顔が見れなかったりするととても悲しみます。辞めたということは言えなくても、会わなくなれば辞めてしまったのだといずればれてしまい、更に落ち込まれます。

そんな時は、切ないですが調剤薬局は高齢者を元気にする場の一つなんだと思いました。一人暮らしの方、自分で料理も病院も行けます。でも、調剤薬局に通って元気になりたいと思えば介護保険申請して要支援1ぐらいで認定されます。要介護にしないことが国の目標ですから、調剤薬局はそんなに敷居の高いものではありません。楽しみを見つけたいと思ったら高齢者の方は調剤薬局に行くことも一つだとお勧めしたいです。

そこで薬剤師の方とお話すれば気持ちも楽になるでしょう。高齢者と接するお仕事がしたい薬剤師の方にはこのサイトがオススメです。 ⇒未経験者でも結構薬剤師求人ありますよ|探し方はコチラを参考に

 

 

大切な人を、早く笑顔にするために是非、実現したいこと

病院旅行を終えて帰宅すると、大切な人が集中治療室に入院中との思いがけない知らせに、コートを脱ぐ間もなく病院に駆けつけると、病院のベッドにうっすらと涙を浮かべてねていた叔母と目が合いました。幼い時から母代りになって育ててくれた、ある意味では母よりも大切な身近な人です。

子育ても終わり、子供たちも何とか就職をして、暮らし向きが落ち着き、これからは、今までは出来なかった旅行をしようねと言っていた、本当にこれからようやく恩返しを、楽しいことを一緒に味わおうと言っていた矢先の返事でした。思いもかけない事態です。

ベッドのわきに駆け寄り、手を握り、ごめんなさい、知らなかったのというはしから、涙がこぼれおちて止まりませんでした。私がそばにいれば、もっとはやくに異変に気がつき、こんなことにはならなかったのではないかと胸がつぶれる思いでした。なぜ、なぜこんなことに、どうして、どうしてと言葉がぐるぐると際限なく頭の中を回っていました。

果ては、留守中、ちょうど泊まりに来ていた息子が、もう少し気をつけてくれていたら、こんなことにはならなかったのではと責める言葉が止めても止めても吹きあがってくるのです。この時が、私の介護の始まりでした。

脳梗塞。叔母を襲った病名です。一分一秒を争う治療なのですが、やさしい叔母は、せっかく遊びに来ている息子を思って、具合の悪いのをぎりぎりまで我慢していたそうです。悔やんでも悔やみきれませんでした。早く言ってくれていたら、こうはならなかったのに、ぶつけどころのない厚い思いが静まりませんでした。

小脳につながっている太い血管が何本もつまっていて、悪くすると寝たきり、言葉もどこまで話せるようになるかわからないと医師は言います。目の前が真っ暗になりました。私が頑張らなくては、私が何とかしなければと只その思いだけでした。

母子家庭で、生涯現役で自分と家族を養っていく運命を選択した私は、仕事を続けながらこれからの介護に向かって進んでいました。私の顔をみると、みるみる目から涙をあふれさせ、ごめんねと回らない口であやまるような叔母に、毎日病院に通い、頑張ってと言い続けました。

今から思えば、悲壮感丸出しの顔で、さぞや怖い顔だっただろうと申し訳ない気持ちでいっぱいです。叔母は血管がもろくなっているそうで、血栓の解ける点滴での治療です。その間、ベッドで寝たきりなのです。このまま叔母は自分の足で歩くことは出来なくなるのだろうかと思うと、毎日焦りが増すばかりでした。

インターネットで検索をして、情報収集を図りましたが、身近に医療関係者がおらず、右往左往しながら、五里霧中でこれからの方針をきめていったように思います。何もかもが初めてなので、何をどう調べて、何を誰に聞けばいいのか、何を質問すればいいのかも手探りでした。

叔母の変事で思うのは、患者本人とその家族を一つのパッケージをしてケアするシステムが必要ではないかという事です。患者、家族ともに、病気そのもとと合わせてメンタル部分のケアが大切ではないかと強く感じます。ケースワーカーの方、看護師、医師、ケアマネージャー、其々が専門の分野を持ち寄り、定期的に患者、家族を交えて治療にあたれるなら、患者家族ともに更に良い結果に結びつき、早い回復にも影響を及ぼすように思えます。